投稿日:

クレジットカード会社によって行われる審査とは

クレジットカード会社は、新規の顧客にカードを発行する時、必ず審査をしています。新規のクレジットカードが欲しい時には、クレジットカード会社の審査を受けて、カード発行の手続きをしてもらいます。月々の収入や、年齢、勤務先から、どの程度お金を返す能力を持っているかを、クレジットカード会社は見極めます。クレジットカード会社によって審査の項目は違いますが、勤務先会社の規模や、家族の人数、仕事の内容なども重視されます。一人一人の情報を数値に換算することで、コンピューター処理を行い、審査の結果を出すという仕組みです。クレジットカード会社を大別すると、銀行系、流通系、信販系があり、審査基準や、金利面の特徴を持っています。流通系は、アルバイトやパートの人でも審査はクリアできますが、銀行系、信販系は比較的審査のハードルが高くなっています。始めは少額の融資しかしてもらえない人でも、きちんと返済をして実績を上げれば、条件緩和も期待できます。もしも、今まで借りたお金の返済を滞らせたり、債務整理をするなどしていると、クレジットカードの審査を受けても通らなくなってしまいます。過去のキャッシング利用履歴が、個人信用情報機関には記録されています。大体5年くらいは、その記録が照会されると考えていいでしょう。他社の借入件数が多い人や、返済日にきちんと返せていないとマイナス評価になります。また、利用歴がないと、債務整理の可能性を勘ぐられてしまいます。審査を通らない理由に、申し込み書に事実と異なる記載があった時も含まれますので、記入ミスがないように、しっかり書いてください。